スポンサードリンク

ゼファー400でホイールの流用

ゼファー400でホイールを流用する場合

ゼファー400でホイールを流用する目的は、ワイドリム化とリアのインチダウンをしてスポーツ性能を向上する為って人が大半だと思います。
ちなみにゼファー400のホイールは5本スポークでリム幅はF(フロント)2.5−17(インチ)、R(リア)3.5−18となっております。
あとアクスルシャフトはフロントが15mmと他の車種よりワンランク小さいです。
以下の車種は17mm、20mmですのでそれに対応したアクスルシャフトとベアリングの間に入れるスペーサーカラーを作るかフォークごと移植するかですね。
とりあえずここではフォーク周り移植を前提として話が進んでいきます(汗


ホイール流用でまず候補に挙がる車種として
・ZX-4
・ZRX400
・ゼファーχ
・ゼファー750
・ZZR400-K/N
・ZXR400-H/L
ざっとカワサキ車内であげてみるとこんなところが妥当なものでしょう。

まず内容は別として、ホイール流用で一番手っ取り早いのはゼファーχの前後足回りをごっそり移植してしまうことです。
後で記事にする予定ですがゼファー400とゼファーχはステム周りに互換性があるのと、リアホイールが無加工で取り付け出来るためです。
よって
F3.0−17、R4.0−17にすることが出来ます。


さて、他の車種についてはホイールのインチ別で

F3.0−17、R4.0−18
これはZRX400とZX-4のホイールです
両車種とも前後ベアリングが17mmですのでゼファーχのステム、フォーク類を移植したら加工工程が減ってやり易くなると思います。
加工というのはディスク取り付け面の追い込み加工やスプロケのセンター出しの為のハブの追い込み、前後ホイールのセンター出しの為のカラー作製です。
ちなみにZRX400にゼファーχのフロントホイールは無加工のボルトオンです。
ただ、ZRX400のリアホイールに関してはスプロケの厚さが違うためコンバートスプロケットがあるといいかもしれません。

F3.0−17、R4.0−17
これはゼファーχ、ゼファー750のホイールを流用したらいいと思います。
この両車種ともフロント、リアともにベアリングは17mmとなっています。
ゼファー750のリアスプロケットはZRX400と同じサイズですのでコンバートしないといけませんが。
ゼファー750のフロントはゼファーχのステム、フォーク等を使うことによってほぼ無加工だと思いますが、リアはチェーン、ホイール、ディスクのセンター出しの加工が必要だと思います。

ホイールをさらにワンランクワイド化するなら
F3.5−17、R4.5−17 ZZR400K/N
ZZR400にはK型とN型がありそれぞれで若干違いがあります。
ZZR400K型は前後ベアリングが17mmに対し、ZZR400N型は前後ベアリングが20mmと大きくなっています。
なのでN型のホイールよりもK型のホイールの方が加工も少なくなります。そのためかK型のホイールはN型のよりもオークションで高くなりがちの上余り出てこないです。
ZZR400K型ならフロント周りをZRX400のを移植してみると無加工ボルトオンになるはずです。
ZZR400N型のフロントの場合、ゼファーχステム、ZZR400Nフォークでやるとディスク取り付け面の切削とセンター出しのカラーを作ればいいかも。
ZZR400Nのステムごとやれば問題なさそうですが多分ハンドル切れ角が無くなります(汗
リアに関しては、ZRX1100のエキセンカラー、アクスルシャフトを使用してベアリング径20mmに対応することが出来ます。

F3.5−17、R4.5−17 ZXR400H/L
ZXR400のホイール流用はカワサキ車でも最もポピュラーな純正流用になっています。そのお陰か人気も高く安く手に入れるのが難しいですね。
ZXR400Hは89年式、ZXR400Lは90年以降(正確にはLは91年以降ですが)とします。
この2種類の違いは、H型だとフロントのベアリング内径は20mmですがリアホイールは17mmになっています。L型は前後ともベアリング内径が20mmです。
ちなみにZXR400H/L両車種のフロントホイールは一見おんなじように見えますがホイール内部のディスタンスカラーの長さが違っていたと思います。
ゼファー400で倒立化する人は年式にも注意していると思います。
さて、ホイール流用なんですがほぼZZR400と同じ事ですね。
ZXR400の場合はH型が流用しやすいと思います。
ちなみに自分のバイクもZRX400ではありますがリアのみH型のホイールを流用しています。
ハブはザンザスかZZR400Nの物を追い込みし過ぎてワッシャを追加してチェーンラインを出しています(笑
ホイールセンターはディスタンスカラーを手に入れてそれをサンダーで(汗
今のところ特に不具合はないですね(・∀・)


話がそれましたが。。。
ゼファー400でホイールの純正流用をする場合、フロントに関してはフォークを変えるかスペーサーカラーを作らないといけない場合が多いのが現実のようです。
が、現在ではボルトオンで取り付け出来るように加工してくれる業者もいますのでそういったところに加工を依頼するのもいいでしょう。
そうすることで手に入れたホイール以外は特に触る必要もなくボルトオンで取り付けが出来ますしね('A'b

あ、あらかじめ書いておきますが、ここで書いた物はネットで拾った情報を集めて脳内で整理した物ばっかりであり実際に手にとって計測した訳ではなく必ずしも正しいとは限りませんのでほんと参考程度でよろしくお願いします。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。